今、時代はまさに、「自分で問題点を把握し、論理的な解決と行動が出来る人材」を強く求めています。 しかしながらその要求に応えられる人がなかなかいないのが現状です。nn